中国で餃子を焼かない理由

中国では小麦粉のことを「麺(ミェン)」と言う。なので、餃子も焼売もラーメンも肉まんも小籠包も、全部「麺」。で、「麺」をこね合わせた料理を「餅(ピン)」と言う。「餅」の料理法は「蒸す」「焼く」「揚げる」「茹でる」の4つに分けられる。それぞれが「蒸餅(ツエピン)」「焼餅(シャオピン)」「油餅(イウピン)」「湯餅(タンピン)」。で、「なんで中国では餃子を焼かないのか?」の謎なのですが・・・僕の調査結果…

続きを読む

未分類Comment (0)

餃子も、肉まんも、「麺」

日本人だと、ラーメンや、うどんや、そばが「麺」ですが、中国では、ラーメンも、餃子も、肉まんも「麺」言うのだそうで。小麦粉のことが「麺」みたいですね。イタリアの「パスタ」の考え方に近いですね。スパゲティも、マカロニも、ラザニアも、ラビオリも、全てが「パスタ」。で、中国では、焼きそばも、小籠包も、焼売も、ワンタンも、全てが「麺」。

続きを読む

未分類Comment (0)

餃子は引き揚げ者の歴史

福島の餃子って丸く盛り付けるんですね。「円盤餃子」と言うようで。福島市にある「元祖円盤餃子 満腹」の創業者、故菅野かつゑさんがはじめたそうで。以下引用。「(かつゑさんは)満州時代に現地の使用人たちから、餃子の作り方を学んでいた。満州では水餃子が主流だった。が、使用人たちは残った水餃子を中華鍋にびっしりと並べて焼き、皿にひっくり返して出してきた」とのこと。で、また引用。「敗戦で引き揚げ者となり、体…

続きを読む

未分類Comment (0)